1. HOME
  2. 節電ミッション
  3. 【ミッションの前提】エネルギー消費の実態と私たちに出来る節電とは
東京電力管内の最大供給電力の推移と家電製品の省エネ効果

最終エネルギー消費の推移

なぜ、私たち一般家庭がやらなくてはいけないの、工場とかが節電すればいいじゃない?
もちろん工場など産業部門などの節電は大変重要です。
ただ、エネルギー消費量の増加率をみると民生部門を言われる
“家庭”や、“商店”、“事務所”が約35%増加しているという調査結果がでているのです。

グラフ

エネルギー消費の内訳

産業部門のエネルギー消費の約93%は製造業によるものですが、そのうち電力の割合
は約17%程度にとどまります。
民生部門のうち、業務部門のエネルギー消費に占める電力の割合は約43%
家庭部門のエネルギー消費の電気の占める割合は約50%にも及びます。

グラフ


私たちには出来ます! みんなで考えて実行していきましょう。

pagetopに戻る